看護師から助産師になるには?難易度は?費用は?受験資格は?

看護師のステップアップして役立つ資格は?

2015年02月03日 13時00分

看護師になって、ほかの資格も取得したいと思いますよね。
何ヶ月や何年もかかって取得するもの様々です。
資格を取得するのであれば今後も活躍できるものでなければいけません。
 
看護師からステップアップ出来る資格にはどんなものがあるのでしょか?
・種類は?
・それぞれの特徴は?
・それぞれの難易度は?
これらが気になりますね。ここではそれらを解説していきます。
 
・種類は?
種類はたくさんあります。
1.専門看護師
2.認定看護師
3.ケアマネージャー
 
・それぞれの特徴は?
 
専門看護師とは、特定の専門分野で高度な看護実践能力を必要とする資格です。
看護協会専門看護師認定試験に合格する必要があります。
看護大学院の博士課程を終了しなくてはなりません。
実務経験を5年以上、3年以上の専門看護とそのうち1年間は修士課程終了後の
実務経験が必要となります。
 
認定看護師とは、特定の看護分野で熟練した看護知識と技術を必要とする
資格です。実務経験5年以上ですが、希望する専門分野の実務経験が3年以上
必要になります。また、認定看護師になるには100万程度必要となります。
 
ケアマネージャーは、都道府県の認定資格になります。都道府県が実施している
介護支援専門員実務研修受講試験に合格して、研修を受けレポート提出して
介護支援専門員証の登録申請を行います。高齢化社会には、必要な資格だと思います。
 
・それぞれの難易度は?
専門看護師は、認定審査があります。
受験資格をもらうまでに多くの条件を満たさなければいけません。
そのため、合格率も95%と高いようです。
 
認定看護師の場合も、合格率は90%を超えています。
試験の難易度はあまりないようです。
 
ケアマネージャーの合格率は30%と低いです、難易度は高い資格になります。
 
・まとめ
このように、ステップアップする資格は他にも調べるとたくさんあります。
学会などが認定する、認定看護師もあります。
看護師でも、スキルアップをすることで医師とも対等に意見交換することもできます。
現在、とても興味がある分野がある。または勤めているのであれば、是非ともワンランク上の資格を取得していただきたいと思います。
お金が掛かるかもしれませんが、そこは勤めている病院が資格支援してくれるかもしれませんので、上司などに相談してみましょう。